突然の出来事 その⑫

 

 

 

 

続きます。

妹の底抜けの明るい声での「おめでとう!」

自分は相談というより、おめでとう!って誰かに言われたかったんだな。

不安の奥底で、ほんとは嬉しくてたまらなかったんだなと思った。

昼間のダンナの態度も、奇跡的に受かったのに断ってしまった仕事も、なんだか色んなもやもやが晴れた気がした。

 

Advertisement